毛深い私の必死の努力

幼い頃から毛深いことを気にしてきた私。
中学生くらいの頃になると、処理を考え始めました。
でも、剃って処理するとチクチクするから嫌がられるんですよね。
だから、授業中などの退屈な時間を利用して、腕のムダ毛を1本ずつ抜くのがクセになっていました。

私が始めて本格的に脱毛を経験したのは、中学生の頃。
テープ式のもので、貼り付けて一気に剥がすというタイプでした。
かなり痛くて、毎回泣きながらケアしました。
そんな痛い思いをしても、きれいにはならず、赤いブツブツができて、肌は炎症を起こしました。
ムダ毛ボーボーと変わらないくらいの見苦しさ。
もうイヤになってしまっていたとき、「キレイなお姉さんは好きですか?」のCMが流行り始めました。

早速、そのシリーズを購入して試してみることに!
すると、テープよりもキレイに、ツルツルに脱毛することができました。
でも、バリバリとすごい音がするのが、少し困りましたね。
ただ、短時間で処理できる楽さにはハマりました!
今でも、剛毛には悩まされますが、社会人になってからはエステサロンも利用してケアできるようになったので、かなり楽になっています。